プロが教えるマンション売却のノウハウ borisspremo

マンション売却の両手仲介と片手仲介

マンション売却の両手仲介と片手仲介

マンションを売却する際、不動産会社に依頼をして購入希望者を探してもらうことが一般的です。
不動産会社に依頼をして売買が成立した場合には仲介手数料が発生しますが、この仲介手数料の受け取り方には「両手仲介」と「片手仲介」というパターンがあります。
マンション売却の際に知っておくと便利な「両手仲介」と「片手仲介」について、詳しくご説明したいと思います。

両手仲介と片手仲介とは?

まず、それぞれの仲介の特徴について解説します。

片手仲介とはごく一般的な不動産取引で、売主側と買主側それぞれに別の会社が入って行う形のことを言います。
売買契約が成立した際には、売主は売主側の不動産会社、買主は買主側の不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。

その一方で、両手仲介とは不動産取引に関わる不動産会社が1社という場合の事を指します。
売買取引における売主と買主の担当を1社が受け持つことにより、売買が成立した際には売主買主の双方から仲介手数料を受け取ることが出来るのです。
両手仲介では、単純に片手仲介の2倍の仲介料を1つの会社が受け取ることが出来るため、不動産会社にとっては一番魅力的な形であると言えます。

両手仲介の問題点とは?

今、両手仲介に関する問題点が叫ばれているのをご存知でしょうか。
実はこの両手仲介は、売主にとってはデメリットとなる場合があるのです。

例えばマンションを売却する場合、売主は3000万円での売却を希望しており、自社が見つけた購入希望者は2500万円なら出せる、他社の購入希望者は3000万円出せると言っている場合、両手仲介の手数料を目的として、自社が見つけてきた購入希望者を優先させて、売主に2500万円への値下げを薦めて不利な契約を行わせようとする事もありえるのです。

もし、3000万円での購入を希望している人がいたにも関わらず、それに気づかないまま2500万円に値下げすると、売主は500万円も損をしてしまうのです。
不動産会社からすると、片手仲介で値下げを行わず取引を進めるよりも、値下げして両手仲介を行う方が、仲介手数料が多く入るため単純に儲かるのです。
つまり、両手仲介を狙う会社は、売主の利益よりも自社の利益を優先させるため、売主の立場に立った売却を行ってくれない可能性があります。

両手仲介を見極める方法とは?

不動産会社が両手仲介か片手仲介かを見極めることは非常に難しいです。

両手仲介を見極めるための方法としては、契約を交わした後に、「不動産流通機構(レインズ)」に情報登録したことを示す証明書を貰う事です。
専任媒介契約を交わした際、レインズに登録する事が義務化されており、レインズに登録すると他の不動産業者に斡旋を求めている証明になります。
つまり片手仲介を行ってくれるという可能性が高くなる訳です。

ただし、両手仲介を行う会社が必ずしも悪いという訳ではなく、きちんと売主の事を考えて希望に沿った購入希望者を探してくれる事もあります。
もし「この程度の値下げなら構わない」という範疇でしたら、値下げして売ってしまうのもアリだと言えますし、それほど売却を急がないのであれば、気長に希望価格で買い取ってくれる人が現れるまで待つのも良いでしょう。

もし余りにも早く買主が見つかったり、異常に早い段階で売買契約を迫ってくる場合には、安く売りだして両手仲介を狙っている場合もありますので注意が必要です。