プロが教えるマンション売却のノウハウ borisspremo

マンション売却前のリフォームは必要?

マンション売却前のリフォームは必要?

長い期間居住していたマンションの場合、どうしても内装は傷んでしまっています。
「最新の内装で売り出した方が高く売れるのでは?」との思いから、リフォームして売却する事を考える方も多いと思いますが、リフォーム自体にも費用はかかりますし、果たして本当にリフォームをする事はお得なのでしょうか。
今回はマンション売却前のリフォームについて考えてみたいと思います。

売却前のリフォームは損?

もしマンション売却前にリフォームをしたとしても、それにかかった費用を売却額で上乗せ出来るとは限りません。
寧ろ、なかなか売れないからとリフォームをして、結果的に損をしてしまったというパターンの方が多いとも言われています。

その理由としては、まずマンションの価値は内装ではなく築年数で決まるためです。
例えば同じような間取りの中古マンションがあったとして、価値を決めるのに重要とされるのは内装の綺麗さではなく築年数です。

内装自体はリフォームでいくらでも綺麗に出来るのですが、建物の基礎となる骨組みはやり直すことは出来ませんので、やはり築年数が新しい物件ほど中古市場では価値が高いとされており、リフォームをしても売却額の上昇は望めません。

また、中古マンションの購入者には、リフォーム前提で購入する人も多くいます。
中古マンションを購入することによって、自分で費用をかけて趣向に合った内装にリフォームする事が目的という場合もあります。

物件の内装は人によって好みが大きく分かれるものでもあり、安易に売主好みのリフォームをして売却する事が良い結果に繋がるとは限りません。

大事なのは清掃や最低限の修復

売却する際には、リフォームに力を入れるよりも、清掃や最低限の修復に着目するようにしましょう。
購入希望者が内覧で訪れた際に、キッチンや洗面所などの水回りが汚れていたり、ふすまや障子が破れていると、それだけで物件への印象が悪くなってしまいます。

費用を抑えて購入者への印象を良くするためには、ハウスクリーニングを行うことが有効です。
キッチンやバスルーム、壁や床が汚れている物件には、あまり良い印象は抱きません。
内覧時の印象を少しでも良くするために、ハウスクリーニングで物件を清潔にしておくことは非常に有効です。

もし網戸やふすま・障子などが破れていたり、ドアや窓の開閉がスムーズにいかない箇所があれば、その点も修繕してから売却する事が大切です。
あまりにも壁が汚れていたり、畳がボロボロになっている場合には、簡易的なリフォームで対応する事で見た目の印象もアップします。

リフォームなど内装全体に関わる事は、購入者の好みが大きく関わる部分でもありますので、マンションの売り手としては、きちんとした清掃や最低限の修繕をしておけば十分だと言えます。