プロが教えるマンション売却のノウハウ borisspremo

マンション売却における不動産会社選びのポイント

マンション売却における不動産会社選びのポイント

マンションを売却するにあたっては、不動産会社の仲介が必要となるのが一般的です。
不動産会社は数多くあり、一体どの会社に頼めば満足のいくマンション売却ができるのか、疑問に思う方も少なくありません。
そこで今回は、マンション売却における不動産会社選びのポイントをご紹介します。

売却に強い不動産会社を探す

不動産会社といっても、それぞれに色々な特徴を持つ会社があります。
不動産売買を専門としているのか、賃貸物件を主に取り扱っているのか、その会社の得意とするジャンルを見極めることが大切です。

まずは不動産会社の店頭情報や折り込みチラシ、ホームページなどをチェックして、物件情報を見てみましょう。
賃貸物件ばかりピックアップされていたら、その会社は賃貸物件に主に力を入れている会社だと判断して良いと思います。

売買のみを専門としているという不動産会社はなかなか数少ないかもしれませんが、売買にも力を入れているという会社は必ずあります。
ホームページなどで不動産売買に関わるコンテンツが充実していたり、売買物件が多くピックアップされているようでしたら、売買にも力を入れている会社だと判断できます。
ホームページや店頭情報などで、売買物件のPRが積極的になされているようであれば、営業・販売力もある会社ということで期待が持てますね。

大手と中小会社はどちらがいいの?

不動産会社を選ぶ際に、全国的にも名の知れた大手会社を選ぶ方がいいのか、地元に密着した中小会社を選ぶ方がいいのか、悩みますよね。
大手だと名前の認知度もあって安心感もありますし、抱えている顧客の数も多いでしょうから、すぐに購入希望者が見つかるかもしれません。
ですが、中小会社の場合は地域密着型で営業しているということもあり、地元の情報をよく把握していたり、売主に対する対応も親身になってくれることも多いです。

会社の規模自体はマンション売却に対してさほど重要ではなく、一番大切なのは良心的で販売力がある会社かどうかです。
きちんと売却したいマンションの資産価値を見極めてくれて、売主の立場に立って取引をしてくれるかどうか。
売買物件のPRや営業活動を積極的に行い、買い手を見つける努力を行ってくれる会社かどうかを判断して、不動産会社を選びましょう。

担当者の対応はどうか?

マンション売却の際には、実際に訪問査定を行います。
実際に顔を合わせてお話をする機会ですので、担当者がどのような人なのかも、しっかりとチェックしておきましょう。

まず、担当者の名刺に「宅地建物取引主任者」と記載があるかどうかを見てみましょう。
査定の際に、きちんと宅地建物取引主任者が来てくれるのかどうかで、その会社が親身になってあなたの物件を見てくれているか判断できます。
そして基本的なことですが、担当者の説明は分かりやすいかどうか、売主の話をちゃんと聞いてくれるかどうかも大事なポイントです。
査定額やその理由について、売主に対して分かりやすく易しい言葉で説明してくれるかどうか、こちらの事情をきちんと把握したうえで売却を進めてくれる人なのかどうかも、不動産会社との関係では重要なことです。

マンションを希望する価格で売却するために仲介業者選びが非常に重要ということをもっとわかりやすく解説しているサイトがありました。

マンション売却の高額査定ガイド

マンションを高く売るためにはある程度の知識が必要なので、勉強したい方は参考になると思いますよ。