プロが教えるマンション売却のノウハウ borisspremo

マンション売却の事前準備とは?

マンション売却の事前準備とは?

マンションの売却を検討し始めた際に、全てを不動産会社にお任せするのではなく、自分でも情報収集や事前準備を行っておくことは大切です。
今回は、マンション売却をする前に自身で行っておく事前準備について、詳しくご説明したいと思います。

売却の目的と売却時期を明確にしておく

マンションを売却したいと考える目的は、人それぞれ様々な事情があると思います。
もっと広い家に住みたい・転勤などに伴って住み替えをしたい・住宅ローンを解消したい等、売却の目的をハッキリとさせておく事は重要です。

売却の目的をハッキリさせておく事によって、いつまでに住み替えを行うべきか・住宅ローンの残高はいくらあるのか・売却資金をいくら残すかといった、具体的な計画が明確になります。
こうして売却の目的を明確化することによって、希望売却価格や、いつまでに売っていつまでに引っ越すか、といった目標やスケジュールが立てやすくなるはずです。

不動産会社にも売却の目的や売却時期をハッキリと伝えることが出来れば、不動産会社もその目的に沿ってスムーズな対応を行うことが出来ます。

売却金額の相場を把握しておく

売却をする際は、まず不動産会社に相談をすると思いますが、その前に自分で売却金額の相場を知っておくことも大切です。
自分で情報収集をして、ある程度の売却金額を想定しておくことによって、不動産会社に言われるがまま安く売却してしまったといった失敗を防ぐこともできます。

売却金額の相場を調べるには様々な方法がありますが、インターネットで簡単に物件の査定金額を調べることも出来ますし、
その他にもインターネットの仲介サイトで売出価格を調べてみたり、チラシ等で近隣の物件の売出価格を見てみるのも良いでしょう。

マンションの面積や階数、築年数や管理状態などで価格は変動するものなので、これといった正解がない事も事実なのですが、
ある程度の一般的な相場というものを知っておくことで売却金額を想定しておくことも重要であると言えます。

必要書類を準備する

マンションを売却する際には、購入した際に手に入れた書類が必要になりますので、きちんと準備をしておきましょう。

登記簿謄本、重要事項説明書、マンションの図面や仕様書など、査定に必要となる資料がどこに置いてあるか確認しておいてください。
固定資産税の納税通知書や固定資産税評価証明書も必要となりますし、マンションの管理規約も情報確認に必要な書類となります。
売主の本人確認書類(身分証明書や印鑑証明書など)や、住宅ローンを利用している際にはローン残高証明書やローン返済予定表を確認しておくと良いですね。

あらかじめこれらの書類を場所や入手方法を把握しておくことで、売却時に慌てることもなくスムーズに手続きを進めることができます。
不動産関係の書類は、分かりやすく一箇所にまとめて保管しておくことがおすすめです。